悔しいことも書ける勇気。

こんばんは、kanamiです。

北海道の地震、大阪の災害、
大変かと思いますが、お大事になさってください。寄付、拡散等をできる限りやっていきます。

今日、初めてフリーランスの方の
やってること、考えてることに
目を向ける機会があり、


わたしも1つのゴールとして
その一部を拝見させていただきました。


本当に、
一人で仕事を作ってくことの大変さ
思考力の高さ、考察力の深さ

それを直にどかっと
降ってきたように感じました。
よりリアルに。


そして、なんだか
悔しいというか、
なんだか、
もどかしいというか、


わたしは、、
わたしは、、

いまわたしがいる点を何度も足踏みしてしまうような、気持ちになりました。

同時に悔しい気持ちも出てきたように思います。


そして、涙も。


わたしも、わたしも、

食を通して、色んな人に
良くなってもらいたい。

そんな気持ちがより一層
増えました。


悔しい。

何に?

と、自分でツッコミつつ、

比べるものではないけれど

いいなぁと羨ましく思うのは
いまの私で、

私はまだまだこれから

1つずつ1つずつ

積み上げていくんだと。

お料理すること

それを通して伝えていきたい想いがあるんだ。

って、自分の中で確信してることがある。


それだけで100点なんじゃないかなって。

自分で自分を褒めるのです。


少しずつの一歩。
いいの。

少しずつで。

わたしのペースで。

伝えたい人に伝わればいいの。


また1つ、

自分自身へのお勉強ね。


わたし、ちゃんと自分と向き合えてるねって。


褒めてあげました。


すごい自分自身へのメモになっちゃった!!笑

ま、いっかー!!!!

まねきねこ kitchen house.

『食べることに向き合う、整える』 ごはんを食べること。それは自分自身と向き合う時間。日々の忙しさから一度ブレーキをかけて、自分を整える時間。野菜の味、素材の味、かみしめる、味わう、自分に戻ってみる。そんなきっかけをもたらしてくれる時間。特別だけど、特別じゃない毎日食べるごはん。そんなごはんを一緒に食べませんか。 世界中の人が食べて幸せになりますように。 kanami.

0コメント

  • 1000 / 1000